健康管理は早めに積極的に取り組む事

健康を害するイメージが強いお酒ですが、うまく付き合えば健康効果が得られます。

サイト内検索(by Google)

お酒はうまく付き合えば健康効果が得られる

健康を害するイメージが強いお酒ですが、うまく付き合えば健康効果が得られます。お酒を飲むと、善玉コレステロールが増えると言うことが科学的に実証されています。善玉コレステロールが増えると、血行が良くなるので、動脈硬化を予防してくれると言うわけです。冷え性の人は、賢くお酒を飲むようにしましょう。冷えが改善されます。ただ、お酒なら何でもいいと言うわけではありません。温めて飲むタイプのものが適しています。ビールや水割りなどは、体を冷やすので避けるようにしましょう。温めて飲むお酒と言えば、日本酒が有名です。

しかし、日本酒が苦手と言う人も少なくありません。なにも温めて飲むお酒は日本酒だけしかないと言うわけではないです。紹興酒や焼酎のお湯割りなどもあります。また、お酒を飲むのなら、夕食時に飲むのがベストでしょう。夕食を楽しみながら、温かいお酒を少し飲むことで、体は芯から温まります。心身ともにリラックスするので、眠りの質も向上するでしょう。お酒を飲むタイミングとして一番いけないのは寝る直前です。不眠の人は寝酒と言って、お酒の力を借りることが珍しくないです。しかし、これは健康を害することになるのでやめましょう。

健康・医療をオンラインで知るなら

Copyright 2017 健康管理は早めに積極的に取り組む事 All Rights Reserved.