健康管理は早めに積極的に取り組む事

健康な1日を過ごすためには、睡眠と目覚めがポイントになってきます。

サイト内検索(by Google)

健康な1日を過ごすためには

健康な1日を過ごすためには、睡眠と目覚めがポイントになってきます。睡眠の質が悪ければ健康ではいられません。まず、質の良い睡眠を得るには、寝ている間に胃の中に未消化物が残っていないことが前提になります。未消化物が残っていると、質の良い睡眠は得られず、当然快適に目覚めることもできません。胃の中に未消化物を残さないためには、まず夕食の時間がポイントになってきます。全ての食べ物がそうと言うわけではないですが、食べ物が胃の中にとどまる時間は、だいたい3時間から4時間です。ですから、夕食は最低でも寝る3時間から4時間前のすませておかなければいけません。

しかし、食べるものにも気を配る必要があります。たとえば、バターは胃内停留時間が12時間にもなります。夕食でバターを摂ると、胃の中に残ったまま寝ることになってしまうわけです。夕食はできる限り消化に良いものを食べるようにしましょう。ただ、寝る前にお腹がすくことはよくあります。我慢しなければと考えれば考えるほど、気になってしまうでしょう。空腹が気になって眠れないのでは本末転倒です。どうしても空腹で眠れないときは、消化に良いものを少しだけ食べるようにしましょう。

健康・医療をオンラインで知るなら

Copyright 2017 健康管理は早めに積極的に取り組む事 All Rights Reserved.